平日/土/日 9時~20時
TEL:090-1513-5778

※MiyazawaGlass Online-Storeに、薩摩焼(苗代川焼)の器追加!
薩摩焼伝統の窯元、荒木陶窯・朴家十五代目、荒木秀樹さんは薩摩焼を代表する陶芸家の一人。
日本伝統工芸会正会員でもある荒木秀樹さんは、伝統的ろくろ成形・釉薬製造・焼成などに関する技能と
薩摩焼ではこれまでなかった幾何学デザインの彫文技法の確立が認められた “現代の名工” 
ご紹介する “器” は、彫刻科出身ならではの造形技術と伝統の窯元の伝承技術が融合した、
眺めて美しく、ふれて心が和み、つかって楽しい、“暮らしを彩ってくれる器” です。

【荒木秀樹プロフィール】
1959年11月1日生
1983年 日本大学芸術学部美術科彫刻専攻卒
1985年 同大学研究課程修了
2020年 苗代川焼・朴家15代襲名
2020年 「現代の名工」卓越技能者厚生労働大臣表彰
日本工芸会正会員
日本陶芸美術協会会員・日本伝統工芸士会会員
鹿児島県美術協会会員・苗代川焼伝統保存会会長